Drink 日本茶 玉露

【レビュー】八女伝統本玉露 絶品 / お茶処しまだ【玉露】

今回のレビューは、本ブログを読んでいる方には是非とも飲んでいただきたい玉露を紹介します。

第3回目は玉露で「八女伝統本玉露 絶品 / お茶処しまだ」です。

この八女伝統本玉露 絶品は昨年の日本茶AWARD2019で日本茶大賞・農林水産大臣賞を取得した本当に素晴らしいお茶です。わたしは日本茶AWARDで試飲した際、最高に美味であったため数パックを速攻で購入したために手元にありました。

丁度、来客が家に来てたこともあり、いつもの玉露の入れ方でこの玉露を入れていくこととにしました。




八女伝統本玉露 絶品 レビュー

お茶処しまださんが販売されているの八女伝統本玉露 絶品です。絶品と名前の如く、絶品な味がする玉露で群を抜いて美味しい玉露です。並大抵の玉露も美味しいのですが、この八女伝統玉露 絶品はレベルが違う味わいと感じています。

最初に、お茶を入れる準備をします。玉露を入れますので、何度も登場しますが宝瓶と湯冷まし、湯呑等を用意します。

玉露と宝瓶

玉露と宝瓶です。湯呑は日本茶アワードの3次審査で使ったものを用意しました。

玉露の入れ方はこちらの記事と同じで抽出しています。

玉露のおいしい入れ方(淹れ方)

こちらが茶葉の様子です。茶葉の形状も美しいのですが、特徴はこの美しい緑色です。
見た目だけでも美味しいことが分かる美しさで、合わせて玉露の香りも非常に立っておりますので今すぐ飲みたくなる、ある意味危険な玉露です。

八女伝統本玉露 絶品

八女伝統本玉露 絶品の茶葉の様子です。茶葉の形状、色が素晴らしく美しいことが分かります。

今回は1パックで5g入っており、抽出方法は温度だけ正しく計測し、茶葉の開き具合を目視で確認しながら抽出しました。

■抽出条件

茶葉:5g
湯温:47度/Boiled Water
湯量:茶葉から2mm程度、水面が高くなるまで
時間:茶葉が水分をしっかり吸うまで

前回も実施しましたが、今回も宝瓶を使い茶葉を目視して抽出していきます。

温度は香りも素晴らしく旨みもある印象でしたので、ちょっぴり温度高めの47度くらいで抽出してみることにしました。
茶葉にこのお湯を宝瓶の側面から茶葉より水面が2mmほど高くなるまで注ぎます。
時間が経つと茶葉がどんどんお湯を吸収していきますので、その様子をじっと眺めます。

八女伝統本玉露 絶品にお湯を入れた様子

八女伝統本玉露 絶品にお湯を入れた様子。緑色が鮮やかです。

この玉露、色合いが素晴らしく美しいです。ここまで鮮やかで艶やかな玉露、本当にあまり目にすることがありません。

もはや今すぐ飲みたい心を抑えて、十分に水を吸収するまで待ちます。今回は日本茶AWARDの3次審査で手に入れました湯呑に入れてみました。
入れる時は宝瓶を揺らすことなく、丁寧に玉露を抽出します。

八女伝統本玉露 湯呑に入れた様子

八女伝統本玉露 湯呑に入れた様子。水色も本当に美しいです。

茶葉の時からでしたが、お茶を入れた時も香りが半端ないです。上質な玉露の磯のような、新緑のような、素晴らしい香りです。

それではテイスティングです。来客に多く飲んでもらうため、わたしは少しにして味を確かめる程度にしました。

■香り

ふわっと立ち込めるまろやかなで新緑のような香り。本当に素晴らしいです。香りだけでリラックス効果がありそうです。

■味

来客の一言目は「うまぁ!」でした。旨味が超美味しい玉露です。旨いだけでは重たい場合もありますが、全くそんなことはなく完成された味わいです。そんな玉露ですが味わう場合は敢えて多めに含んで飲んでみましょう。少量だとこの濃厚な旨みが若干感じ取れなくなってしまう可能性があります。コニャックの味わい方を参考に、最初は舌に馴染ませて、その後に十分に味わうといった飲み方で飲んでみていただければと思います。欲を言えば湯呑も十分に温めておくとベストな玉露コンディションで味わえると思います。

■余韻

最高の玉露の旨味が余韻でずっと残っている感覚です。上質なウイスキー・コニャック等は余韻が非常に長く続くものが多い印象ですが、同じ嗜好品である玉露にも同じことが言えると思うくらい、素晴らしい余韻です。

この八女伝統本玉露 絶品は美味すぎます。一撃で心を持っていかれるような、そんな玉露です。お家でこのレベルの嗜好品をいただけることは非常に少ないのではないでしょうか?

お酒やコーヒー等の嗜好品が好きな方は、是非1回飲んでみるべしと思う、最上級の玉露と思います。100点の玉露といっても過言ではないですね。
コーヒーで例えると、カップオブエクセレンツの味わい深いもの、アナエロビックファーメンテーションで最高に美味しいものに近いレベル感です。

まとめ

日本で1位を取った八女伝統本玉露 絶品、日本茶AWARDでも感じましたが美味しすぎます。こんな玉露が簡単に手に入って飲める日本人は幸せですね。手持ちが無くなる前に、まだ売ってそうなので補充しておこうと思います。笑

お茶処しまださんの入れ方動画もUPされてましたので、こちらの入れ方で再チャレンジしたく思います。

お茶処しまださんの入れ方動画

広告




-Drink, 日本茶, 玉露

© 2021 ボイパ茶師blog Powered by AFFINGER5