Drink 日本茶 玉露

玉露の入れ方には要注意!!玉露を美味しく入れるコツは温度・量・時間がポイントです!

玉露の入れ方

 

玉露の入れ方にコツがあることを皆さんご存知でしょうか?

お茶に詳しくない人は全く知らないと思いますし

知らずに間違った入れ方をしてしまった方も多いのではと思います。

結論から言いますと玉露を美味しく入れるためには

温度・量・時間が重要です。

熱湯で入れてしまった、水の量が多すぎた、時間が短すぎた…等あると

玉露の美味しさが半減します。

最高級の緑茶と呼ばれる玉露なので、美味しく飲んでみたいですよね。

「全国玉露のうまい淹れ方コンテスト」の予選突破した入れ方と同じ条件なので

このやり方を守ることでお茶カフェレベルかそれ以上の美味しい玉露が入れれるようになります。

茶師
玉露の入れ方はコツがあるので要注意!最高級の緑茶なのでちゃんと飲んでみたいですよね

目次

  • 玉露の入れ方には要注意!!美味しく入れるコツはいかに?
    • 玉露を入れる人数を確認しよう
    • 玉露の茶葉の量を正しく図る
    • 玉露を入れる水量を正しく図る
    • 玉露を入れる温度を正しく図る
    • 玉露を入れる時間を正しく図る
  • 玉露を入れる手順
  • 玉露を氷で入れるには?
  • まとめ

玉露の入れ方には要注意!!美味しく入れるコツはいかに?

玉露の入れ方にはコツがあり注意が必要です!

玉露の美味しさは「旨み」がメインなので旨みを美味しく出す必要があります。

茶葉の量、水量、温度、時間が影響しますが

一番重要なのは温度です。

温度さえ間違えなければ放置していても旨みがでて美味しくいただけます。

それではそれぞれのポイントを解説していきます。

玉露を入れる人数を確認しよう

玉露を入れる人数を確認しましょう!

自分だけでお茶を飲んでも良いのですが複数人にお茶を飲んでもらうことを考えると

何人分のお茶を入れるかがポイントになってきます。

お茶を入れる人数は大体1~4名くらいかと思います。

本記事では1人前の値をご説明しますので、入れる人数に応じて掛け算しご利用ください。

ココがポイント

玉露を入れる人数を確認しよう!当たり前ですが大切です!

 

玉露の茶葉の量を正しく図る

玉露の茶葉の量を正しく図って入れましょう!

お茶屋さんの説明書もお店によって違ったり、

玉露の質によっても違ったりします。

私が試行錯誤した玉露をおいしく入れる茶葉の量は3名で10g

1人当たり茶葉の量 3.3g

を推奨します。

大体美味しく入れれるのではと思います。

この量の玉露で入れてみて、薄い場合は茶葉を追加してみてください。

 

玉露を入れる水量を正しく図る

玉露を入れる水量も注意が必要です。

玉露に限らずお茶は乾燥しており水を入れると水を吸収します。

入れた水の量よりも飲む量が少なくなる現象が起こりますね!

玉露はグラム数×4倍の水を吸収すると言われています。

先ほど解説した3.3gの玉露で13.2g(ml)の水が吸収されることになりますね!

従ってそれよりも多い水を用意しないと飲めないということです。

飲む量は10ml弱は飲みたいなぁと思いますので、

1人当たり水の量 20g(ml)

をお勧めとします。

水の量20mlから13.2mlの水分が吸収され飲める量は6.8mlとなります。

茶師
玉露のみならずお茶は水を吸収するので思ったより飲む量は減ります!!要注意!

玉露を入れる温度を正しく図る

玉露を入れる温度を正しく図る

もっとも重要なので大文字にしました。

玉露を入れる温度で旨みと渋みの成分の出方が大きく変わってきますので

味に最も影響するポイントです。

玉露は高温でサッと出すよりも低温でジワジワ出すと美味しくなりまして

水の温度 47.5℃

をお勧めとします。

玉露を入れる温度はプロでも様々な意見があり正解がありません

47.5℃は玉露の旨みを出しつつお茶の渋み成分も少量出ますので

旨み・渋みのバランスが良く美味しくなるためお勧めとしました。

旨味たっぷりを狙って出す人は40℃で長時間で入れてみるのもおすすめです。

茶器にお湯を注いだときに温度が下がったりしますので

茶器を予め温めておくと温度が安定しやすいです。

茶師
お湯の温度は茶器や茶葉の影響を受けて下がります!茶器は予め温めておいて温度を安定させましょう!

玉露を入れる時間を正しく図る

玉露を入れる時間を正しく図る、これも非常に重要です。

玉露は低温でじっくり入れることで旨みが引き出されます。

初めての人は驚きですが2分以上時間をかけることが多いです。

私が紹介している入れ方はスタンダードよりも茶葉の量が少々多めなので

時間をかけすぎて雑な渋みがでないよう気を付けたいです。

そこでお勧めは

抽出時間 2分15秒

です。

上記に記載した条件を守って玉露を入れていただくことができれば

美味しく玉露を入れれると思います。

具体的な手順を以下で解説します。

ココがポイント

玉露を入れる条件を正しく実行するのが美味しい玉露への近道!

玉露を入れる手順

玉露の入れ方の手順を解説します。

ポイントは手順を覚えるのではなく意味を理解していくことで

忘れることなく毎回美味しい玉露が入れれるようになりますね。

step
1
お湯を沸かす

玉露を入れるにはお湯を沸かします。

水道水の場合はしっかりと沸騰させカルキ臭を抜きましょう。

step
2
急須を温める

玉露を入れるお湯の温度が下がらないように急須を温めます。

急須に熱湯のお湯を入れておきます。

step
3
茶碗を温める

お湯を飲む茶碗も温めておきましょう。

玉露は温度が低く飲む時に少し暖かい方が美味しく感じるため保温しておきます。

step
4
湯冷ましにお湯を入れる

湯冷ましにお湯を入れます。

この時に1人当たり水の量 20g(ml)を正しく図りながら入れましょう。

プラスチックの計量カップが使いやすいです。

step
5
お湯の温度を下げる

玉露を入れるときにお湯の温度を下げるのがポイントです。

お湯の温度は70℃くらいまではすぐに下がりますが40℃台にするのは

結構時間がかかります。

湯冷ましと湯冷ましで交互にお湯を入れ替えるなどすると温度が下がります。

裏技としては常温の水を入れて温度を下げるコツもアリです。

step
5
急須に茶葉を入れる

お湯の温度が47.5℃近くまで下がってきたら1人当たり茶葉の量 3.3gを測り、

急須に入れていたお湯を捨て茶葉を急須に入れましょう。

step
6
急須にお湯を入れる

温度が下がったお湯を急須に入れます。

この時、茶葉に直接お湯を注ぐのではなく急須の側面からお湯を入れることで

茶葉に不要なプレッシャーを与えず美味しく飲めると言われています。

時間の計測も同時に行いましょう。

step
7
最後の一滴までしっかりと注ぐ

抽出時間 2分15秒しっかり待ち、時間になったら玉露を急須から入れましょう。

計量カップなどの1つの容器に最後の一滴まで注ぐことがポイントです※。

※複数名に玉露やお茶を入れる場合「まわし注ぎ」と呼ばれる入れ方がありますが
 濃淡にブレが生じるので1つの容器にまとめて出しています。

step
7
出し切った玉露を茶碗に入れる

温めていた茶碗のお湯は捨て、出し切った玉露を茶碗に均等に入れてます。

これで人数分の玉露を入れることができました。

step
8
美味しくいただく!!

丁寧に入れた玉露を頂くと旨味の爆弾なような味に感動することかと思います!

お茶の美味しい時間を楽しみましょう!

夏場は暑いので氷出しの入れ方も紹介しておきます。

玉露を氷で入れるには?

玉露をお湯で入れる入れ方を解説しましたが夏場は温かいお茶飲むのはちょっと…

という方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにアイス玉露エスプレッソ(風)の入れ方ご紹介です。

より低温で玉露を抽出しますので旨みの主張が強く美味しい飲み物になります。

詳しい手順は以下の記事で記載しましたのでご参照よろしくお願いします。

玉露を氷出しで2煎目を抽出。栗原製茶
氷を使った簡単な玉露の入れ方

続きを見る

まとめ

玉露の入れ方とコツ・手順をご紹介しました。

1人当たりの入れ方をまとめます。

  • 玉露の茶葉 3.3g
  • 水の量 20g(ml)
  • 水の温度 47.5℃
  • 抽出時間 2分15秒

この玉露の入れ方で美味しい玉露を満喫できること間違いなしです!

もちろん玉露の品質によって味は変わります。

間違いのない玉露をGETし玉露の入れ方を試してみましょう!

最高の旨味に包まれ玉露が更に好きになるのではと思います。

おすすめの間違いない玉露はこちらです!

玉露専用の急須、宝瓶の写真
玉露おすすめ5選。美味しいこと間違いなしの玉露です!2020年度版

続きを見る

広告




-Drink, 日本茶, 玉露
-,

© 2021 ボイパ茶師blog Powered by AFFINGER5