Blog

GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleで他のユーザーに権限を付与する方法

GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleをブログで使いたい方も多いと思いますがITに詳しくないと扱うのが少し難しいと聞きます。

それらのデータをGoogleデータポータルを使えば一撃で見れますので、苦手な方は誰かに自動レポート作ってもらうと楽チンです。

GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleで他者に権限を与える方法をまとめましたのでご参考ください。

本記事の内容

1.GoogleAnalyticsで他者に権限を付与する方法
2.GoogleSearchConsoleで他者に権限を付与する方法

1.GoogleAnalyticsで他者に権限を付与する方法


GoogleAnalyticsで他者に権限を付与する方法を解説します。
手順さえ分かれば簡単に実施できると思います。パソコンを使わなくてもスマートフォンでも出来ますのでサクッとやっちゃぃしょう。

手順
1.GoogleAnalyticsにログインする

2.左のメニューで「管理」を押す

googleAnalytics画面の管理

googleAnalytics画面の管理ボタンを押します。歯車マークです。

3.管理画面のアカウントユーザーの管理をクリック

googleAnalytics管理画面

googleAnalytics管理画面。アカウントユーザーの管理を押します。

4.アカウントの権限画面で右上プラスボタンをクリックしユーザー追加を押す

googleAnalyticsアカウントの権限

googleAnalyticsアカウントの権限。+ボタンとユーザー追加を押します。

5.権限追加したいユーザーのgmailアドレスと編集、共有設定、表示にチェックし追加ボタンを押す

googleAnalytics権限の追加

googleAnalytics権限の追加。編集、共有設定、表示と分析にチェックを入れましょう。

これで完了です。

2.GoogleSearchConsoleで他者に権限を付与する方法


GoogleSearchConsoleの権限付与は更に簡単かと思います。

手順
1.GoogleAnalyticsにログインする
2.左のメニューで「設定」を押す
3.ユーザーと権限をクリック
4.ユーザーを追加をクリック
5.メールアドレスと権限を設定して追加

googlesearchconsoleユーザー追加

googlesearchconsoleユーザー追加。アドレスを入力するだけです。

これで完了です。

権限が不要になった場合はユーザーを削除すればOKです。

まとめ


GoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleで他者に権限を与える方法は案外簡単にできます。
権限付与ができたら後はGoogleAnalytics・GoogleSearchConsoleで分析を実施してもらったり、Googleデータポータルでレポート作ってもらったり協力してもらうことができます!

難しいところは専門家に任すなど、うまくWEBページを運用していきましょう。

プロフィール画像を作成してもらったココナラでもGoogleデータポータル屋さんがいますので、ココナラに登録して委託費用を確認してみましょう。

ココナラ

おまけ


知人限定になりますがGoogledataportalのレポート画面を無料で作成してみたサンプルが以下になります。
サクッと作成することが可能ですので、欲しい方は気軽にご相談ください。

GoogleDataPortalの無料配布ページはこちら

GoogleDataPortalのテンプレートを無料公開。GoogleAnalyticsの簡易分析にお使いください。

広告




-Blog

© 2021 ボイパ茶師blog Powered by AFFINGER5